Toppageへ

 三輪 薫(みわ かおる)


開催予定の個展

伊勢和紙による三輪薫「花恋-U」とフォトワークショップ写真展

2月26日(日)から3月26日(日)まで、三重県伊勢市の伊勢和紙ギャラリーで伊勢和紙による三輪薫写真展「花恋-U」を開催します。
花へ恋心を抱きながら撮り続けた「花恋(かれん)」は、優しくソフトな和紙に花と女性のイメージを重ね合わせました。このテーマでは10年振り2回目の開催で、半切から全倍の多銘柄の伊勢和紙にプリントして展示します。
12名によるフォトワークショップ「風」の写真展も併せて開催します。
皆様お誘いあわせの上、ご来場下さるようお願い致します。
◎2022年に開催した小津ギャラリー展の巡回展です。(新作12点(全倍/5点、半切/7点)を追加して展示します)

三輪薫は 2月26日(日)〜28日(火)14:00までと、3月24日(金)〜26日(日)に会場にてお待ちしています。




会期:2023年2月26日(日)〜3月26日(日)
   *3月5日(日)・12日(日)・19日(日)は休館
開場:9時30分〜16時30分
会場:伊勢和紙ギャラリー(大豐和紙工業株式会社 内)
住所:〒516-0079 三重県伊勢市大世古一丁目 10-30
TEL:0596-28-2359
 URL:https://isewashi.co.jp/



  • JR・近鉄 伊勢市駅より徒歩10分
  • 伊勢自動車道 伊勢西ICより10分




終了した個展

伊勢和紙による
  三輪薫「花恋-2」とフォトワークショップ「風」写真展

花へ恋心を抱きながら撮り続けた「花恋(かれん)」は、優しくソフトな和紙に花と女性のイメージを重ね合わせました。今回は10年振り2回目の開催で半切から全倍の多銘柄の伊勢和紙にプリントして展示します。
12人によるフォトワークショップ「風」の写真展も併せて開催します。

三輪薫による「伊勢和紙セミナー」を3月12日(土)13時〜14時に開催します。




伊勢和紙による
  三輪薫「水光」とフォトワークショップ「風」写真展

三輪薫写真展「水光」は水辺の自然風景で、北海道から沖縄まで各地で撮影し、半切から四八判(1,100mm×2,400mm)まで、多銘柄の伊勢和紙にプリントして展示します。昨年8月に日本橋の小津ギャラリーで開催した写真展の巡回展で、新作11点を追加して展示します。
14人によるフォトワークショップ「風」の写真展も併せて開催します。


伊勢和紙による
  三輪薫「水光」とフォトワークショップ「風」写真展

水光と風
 会期:2020年8月31日(月)〜9月5日(土)
 会場:小津ギャラリー(東京日本橋)
この写真展は4月に開催を予定していましたが、新型コロナウィルスの感染を防止するため延期となったものです。

伊勢和紙による三輪薫写真展「こころの和いろ-II」

こころの和いろ-U
  会期:2020年3月1日(日)〜29日(日)
  会場:伊勢和紙ギャラリー(三重県伊勢市)

伊勢和紙による三輪薫写真展「こころの和いろ-II」

キヤノンギャラリー大阪展
会期:2019年6月20日(木)〜6月26日(水)
   *6月23日(日)は休館
   10時00分〜18時00分(最終日 6月26日(水)は15時まで)
会場:キヤノンギャラリー大阪(大阪市北区中之島)

伊勢和紙による三輪薫写真展「こころの和いろ-II」

キヤノンギャラリー銀座展
会期:2019年4月25日(木)〜4月27日(土)、5月7日(火)〜5月15日(水)
   *4月28日(日)〜5月6日(月)、5月12日(日) は休館
   10時30分〜16時30分(最終日 5月15日(水)は15時まで)
会場:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座)

伊勢和紙による
 三輪薫「Rock-II」とフォトワークショップ「風」写真展

小津ギャラリー展
会期:2018年6月25日(月)〜30日(土)
会場:小津和紙/小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

伊勢和紙ギャラリー巡回展>
会期:2019年2月10日(日)〜3月10日(日)
会場:大豐和紙工業株式会社/伊勢和紙館(三重県伊勢市)

◎三輪薫 写真展「こころの和いろ」

キヤノンギャラリー銀座展
会期:2016年4月14日(木)〜4月20日(水)
会場:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座)

キヤノンギャラリー札幌展
会期:2016年5月26日(木)〜6月7日(水)
会場:キヤノンギャラリー札幌

キヤノンギャラリー梅田展
会期:2016年6月16日(木)〜6月22日(水)
会場:キヤノンギャラリー梅田

伊勢和紙ギャラリー巡回展
会期:2017年9月17日(日)〜10月15日(日)
会場:大豐和紙工業株式会社/伊勢和紙館(三重県伊勢市)

◎伊勢和紙による
 三輪薫「仏蘭西・巴里」とフォトワークショップ「風」写真展

小津ギャラリー展
会期:2015年7月27日(月)〜8月1日(土)
会場:小津和紙/小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

伊勢和紙ギャラリー巡回展
会期:2016年2月14日(日)〜3月13日(日)
会場:大豐和紙工業株式会社/伊勢和紙館(三重県伊勢市)

◎伊勢和紙による
 三輪薫「花恋」とフォトワークショップ「風」写真展

小津ギャラリー展
会期:2012年7月23日(月)〜7月28日(土)
会場:小津和紙/小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

ギャラリー「レ・トロワ・アヌー」展
会期:2012年8月9日(木)〜8月29日(水)
会場:ギャラリー「レ・トロワ・アヌー」(東京都福生市)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2013年9月29日(日)〜10月27日(日)
会場:大豐和紙工業株式会社/伊勢和紙館(三重県伊勢市)


◎三輪薫作品:花に恋心を抱きながら撮り続け、花と女性のイメージを優しく軟らかな和紙に重ね合わせた作品。14点(額装/11点、吊り/3点)展示。5年振りの花の個展。
◎フォトワークショップ「風」作品:風景を主体に17点展示。4人が自家処理プリント。

◎伊勢和紙による
 三輪薫「水の抄」とフォトワークショップ「風」写真展

小津ギャラリー展
会期:2011年8月29日(月)〜9月3日(土)
会場:小津和紙/小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2012年5月27日(月)〜6月24日(土)
会場:伊勢和紙ギャラリー(三重県伊勢市)

◎三輪薫写真展「樹風」

小津ギャラリー展
会期:2010年8月2日(月)〜8月7日(土)
会場:小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2011年2月27日(日)〜3月27日(日)
会場:伊勢和紙ギャラリー(三重県伊勢市)

◎内容:ハッセルブラッドで撮影の日本の樹木。手漉き伊勢和紙のカラー半切/12点、四八判(1,100×2,400mm)1点を展示

◎三輪薫 ファインアート・オリジナルプリント展-V

京セラ・コンタックスサロン東京展
会期:2009年3月11日(水)〜17日(火)
会場:京セラ・コンタックスサロン東京(東京都千代田区有楽町)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2010年1月10日(日)〜2月7日(土)
会場:伊勢和紙ギャラリー 大豐和紙工業(株)内(三重県伊勢市)

◎デジタル全盛の今日ですが、モノクロ写真もバライタ印画紙にプリントされたものはデジタルプリントとは一味違う魅力があります。それはフイルムや印画紙の乳剤が醸し出すトーン再現によるものです。一方で、フイルムをデジタルデータ化して銀塩印画紙とは別な表現も出来る伊勢和紙に出力した作品も展示し、今回は新銘柄の手すき和紙も多用する予定です。(三輪薫)

◎伊勢和紙による
 『三輪薫とフォトワークショップ「風」写真展』

会期:2009年8月17日(月)〜8月22日(土)
会場:小津ギャラリー(東京都中央区日本橋)

◎デジタル全盛の今日、プリント用紙として独自の存在感を見せるのが和紙です。
今回の写真展はカラーとモノクロの自然風景をメインに、写真家三輪薫と三輪が主宰するワークショップ「風」メンバーの作品を多銘柄の伊勢和紙にプリントし、30点展示します。

◎三輪薫個展「風光-V」

京セラ・コンタックスサロン東京展
会期:2008年3月19日(水)〜3月25日(火)
会場::京セラ・コンタックスサロン東京(東京都千代田区有楽町)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2008年9月20日(土)〜10月18日(土)
会場:伊勢和紙ギャラリー 大豐和紙工業(株)内(三重県伊勢市)

◎「風光」展は1985年に1回目を開催し、今回で5回目です。日本の自然風景の機微のある表情や、心に余韻が残る趣のある侘寂的な世界を求め続けてきました。「カメラで日本画を描く」作風の作品を展示し、今回は銀塩カラープリントと伊勢和紙デジタルプリントのコラボレーションで行い、四切印画紙から長辺2.4メートルの手すき和紙まで、多様なサイズで展示します。

◎三輪薫デジタルプリント展「花逍遙-II」

キヤノンギャラリー銀座展
会期:2007年4月19日(木)〜4月25日(水)
会場:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座)

キヤノンギャラリー福岡巡回展
会期:2007年5月14日(月)〜5月25日(金)
会場:キヤノンギャラリー福岡(福岡県福岡市博多区)

キヤノンギャラリー梅田巡回展
会期:2007年6月21日(木)〜6月27日(水)
会場:キヤノンギャラリー梅田(大阪市北区梅田)

キヤノンギャラリー名古屋巡回展
会期:2007年7月12日(木)〜7月25日(水)
会場:キヤノンギャラリー名古屋(愛知県名古屋市東区)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2007年9月22日(土)〜10月21日(日)
会場:伊勢和紙ギャラリー 大豐和紙工業(株)内(三重県伊勢市)

◎「三輪薫 ファインアート・オリジナルプリント展-IV」

京セラ・コンタックスサロン東京展
会期:2006年9月11日(月)〜9月16日(土)
会場:京セラ・コンタックスサロン東京(東京都千代田区有楽町)

伊勢和紙ギャラリー展
会期:2006年11月19日(日)〜12月17日(日)
会場:伊勢和紙ギャラリー 大豐和紙工業(株)内(三重県伊勢市)

◎モノクロ写真は色がないだけにカラーでは味わえない魅力があり、特にバライタ印画紙に再現された画像には、これこそ写真だと思わせる世界を感じます。現在ではデジタルフォトが日々多くなっていますが、まだまだ銀塩写真は健在です。
しかし、アナログとデジタルは全く別ものだと考え、このデジタルプリントも銀塩同様のファインプリントと解釈しています。印画紙とは違った作風のフィルムをデジタルデータ化した和紙プリントの制作も続けています。今回は共に展示の予定で、4回目を迎えたファインプリント展、 ご期待下さい。

◎伊勢和紙ギャラリー開館記念
「三輪薫・伊勢和紙デジタルプリント展 2005」

(「風香」「風色-II」選抜展 & 手すき伊勢和紙新作展 )

会期:2005年5月15日(日)〜6月14日(火) 9:30〜16:30 (初日を除き日曜日は休館)
会場:伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内)
   〒516-0079 三重県伊勢市大世古一丁目10-30
   Tel(0596)28-2359
   Fax(0596)28-3507
   http://isewashi.co.jp/
   info@isewashi.co.jp

作品:伊勢和紙に出力の大型プリントをメインに、日本の自然風景や花などを展示。

■撮影:CONTAX645(リバーサルフィルムをドラムスキャナでデジタルデータ化)
 出力:エプソンピエゾグラフ(EPSON MAXART PX-9000) / (有)ネオワークス
■撮影:Canon EOS D30, D60, 10D
 出力:Canon ImagePROGRAF W6200・W6400 / フォトアトリエ・ミワ 片野秀昭

[伊勢和紙ギャラリー]
「伊勢和紙ギャラリー」は、まちかど博物館としての「伊勢和紙館」を補完するためこのほど新たに開設し、伊勢和紙を使った諸作品を展示して和紙のあたたかさ・機能性や様々な活用例を紹介・提案していきます。
伊勢和紙ギャラリーは大正モダニズムの色香が漂う木造建築の佇まいに璧面24.4m の可動式パネルを用意し、パネル枚数を加減して外光を生かした展示にするなど多様な展示仕様に対応できます。サブギャラリー・エントランス・階段部分にも展示が可能です。

◎展示壁面:メインギャラリー   可動パネル24.4m
      サブギャラリー    ドア2枚と窓を除いて9.6m

◎三輪作品の常設展示もあり、お問い合わせください。
 大豐和紙工業(株) http://isewashi.co.jp/ info@isewashi.co.jp

三輪薫デジタルプリント展「風香」

伊勢和紙とピエゾグラフによる日本の心の自然風景

会期:2005年3月17日(木)〜29日(火) *3/23(水)休館
   10:30〜18:30(最終日16:00まで)

会場:京セラ・コンタックスサロン東京
   〒100-0006 千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館7F


内容:日本の自然風景をカメラで日本画風に描く世界。
   2003 年に京都と六本木で開催の写真展。
   今回は、全ての作品を伊勢和紙photoに出力。
  ■ 撮 影:CONTAX 645、リバーサルフィルムをスキャナでデジタルデータ化
  ■ ドラムスキャン:エプソンピエゾグラフラボラトリー
  ■ 出 力:エプソンピエゾグラフ (MAXART PX-9000) / (有)ネオワークス
  ■ 用 紙:伊勢和紙Photo (大豐和紙工業(株)) http://isewashi.co.jp/
  ■ 作 品:800×1,090mm〜560×760mmの大型カラープリントを主体に展示。
  ■ 仕 様:木パネ(1,000×1,300mm) / 掛け軸(860×1,800mm) / 桜材額装 / 行灯
  ■ 協 賛:エプソンピエゾグラフラボラトリー、大豐和紙工業(株)、(有)ネオワークス
  ■ 後 援:京セラ(株)、(株)フレームマン、エプソン販売(株)
  ■ 連絡先:フォトアトリエ・ミワ TEL 042-771-5577
        http://miwa-kaoru.main.jp/

◎伊勢和紙プリントデモ
日程:2005年 3/24日(木)・25日(金)・26日(土)
担当:中北喜得 / 大豐和紙工業(株)、作画アドバイス / 三輪 薫

デジタルの画像データ(CFカード・SDカード・CD-R)またはポジフィルム(120タイプ以下)をご持参ください。
伊勢和紙プリントデモについてのお問い合わせはhttp://isewashi.co.jp/のホームページからお願いします。

◎三輪 薫 写真展「Rock」

会 期:2004年9月2日(木)〜7日(火) 10:30〜19:00(最終日16:00まで)
会 場:京セラ・コンタックスサロン銀座
    〒104-0061東京都中央区銀座5-7-4 鳩居堂ビル6F

内 容:日本の自然風景には季節感を映し出す繊細さがあり、侘寂的な趣を求めて長年撮り続けています。世界にも素晴らしい自然が多く、日本の自然と相対する海外のダイナミックな岩の造形美には地球の創造力を感じます。光と影が演出する表情や感動を、ツアイスレンズの描写力を生かして写し止めてきた、全四倍までの大型カラープリントで展示。
展示作品:カラー(全四倍 /7点、全倍 /9点、全紙 /2点、半切 /2点) プリント/PGL

三輪 薫 デジタルプリント展「風色-II」

カメラ:EOS D30/D60/10D
プリンタ:Canon W6200 (A1ノビ)
用 紙:伊勢和紙(大豐和紙工業(株)) http://isewashi.co.jp/
出 力:フォトアトリエ・ミワ / 片野秀昭
作 品:550×825mm〜360×540mmのカラープリントを展示。
協 賛:キヤノン販売(株)、大豐和紙工業(株)
会 期:2004年1月19日キヤノンサロン銀座から5月 カメラの大石・ギャラリー「風」まで

内 容:大型インクジェットプリンタCanon W6200 (A1ノビ)で、伊勢和紙に出力した写真展。
日本の自然風景に「侘寂」的な心に染み入る情感描写を求め、EOS D30/D60/10Dで撮影した作品。銀塩プリントでは引き出せない、和紙に出力したデジタルプリントならではの世界です。表現の可能性を求め、清楚で美しい日本の自然美を展示します。

☆キヤノンサロン:銀座(1/19-24)、仙台(2/16-27)、札幌(3/8-19)、
          名古屋(3/29-4/9)、大阪梅田(4/22-28)
 ☆佐賀展/カメラの大石・ギャラリー「風」

☆個展作品と、デジタル作品創作の紹介記事☆
  玄光社 フォトテクニック2004/1月号(12/20発売)
  コマーシャルフォト3月号(2/15発売)

三輪 薫 ピエゾグラフ写真展
〜美濃市制50周年記念事業 美濃町家画廊展〜

会 期:2004年4月29日(木)〜5月5日(水)
    10:00〜17:00(最終日、16:00まで)

会 場:美濃市/国の重要伝統的建造物群保存地区/うだつのあがる町並みの町家16軒
    ※三輪薫デジタルプリント展の会場/西部家 http://www.mino-cci.or.jp/

協 賛:エプソンピエゾグラフラボラトリー http://www.piezograph-lab.jp/

内 容:国の重要伝統的建造物群保存地区に指定の「うだつのあがる町家」16軒を会場に、写真、日本画、彫刻、陶芸、あかり、イラスト、ガラス、等、各作家の作品を展示する。

三輪薫作品:美濃和紙に顔料タイプのインクジェットプリンタで出力した日本の自然風景/花を主体に展示。美濃和紙の若手作家と組み、重ね漉きなどをした作品も展示。
三輪薫の個展会場では、来場者が撮った写真を美濃和紙に出力する実演も行う。

EPSON PiezoGraph Media Collection 2003 TOKYO
三輪薫写真展「風香」

伊勢和紙、越前和紙とピエゾグラフによる日本の心の自然風景−
京都展・東京展へのご来場、ありがとうございました。

 会期:2003年11月15日(土)〜23日(日)
 会場:アクシスギャラリーアネックス (AXIS GALLERY ANNEX)
    東京都港区六本木5-17-1 B1F tel.03-5575-8656
    http://www.axisinc.co.jp/html_f/gallery.html
    地下鉄:営団日比谷線、営団南北線、都営大江戸線、各駅から徒歩約8分。
    バス:渋谷駅東口より新橋駅行き/六本木、新橋駅北口行き/六本木五丁目
 撮影:コンタックス645
 出力:エプソンピエゾグラフ/(有)ネオワークス
 用紙:伊勢和紙、越前和紙
 主催:エプソンピエゾグラフラボラトリー
 協賛:(有)ネオワークス、大豐和紙工業(株) 、(株)杉原商店、AXIS
 問い合わせ先:エプソンピエゾグラフラボラトリー 鬼窪 TEL 03-3345-6617

●内容
写真家三輪薫は、日本の自然風景に「侘寂」的な心に染み入る情感描写を求め、日本的で湿潤な空気感の漂う“心模様の写し絵”を撮り続けてきた。その思いを、今回はコンタックス645で撮影のリバーサルフィルムをドラムスキャンして、和紙の上に、デジタルプリント技法のエプソンピエゾグラフで、写真で日本画を描いた作品を展示する。

●作品サイズと仕様
1.000×1.360mm〜560×760mmの全四倍と全倍の、大型カラープリントによる木目板貼りと掛け軸風仕様を主体に展示。桜材額装、現代風「行灯」仕様の作品も展示予定。

●開催の趣旨
写真展「風香」は本年7月にエプソンピエゾグラフギャラリー京都で開催し、今回東京展を開催する運びとなりました。日本の伝統工芸である和紙とエプソンのデジタルプリントの最新技術「ピエゾグラフ」の出会い、そして写真家三輪薫氏の強い期待から生まれた写真展です。ピエゾグラフによって、和紙の風合いをそのまま活かし、繊細で陰影深い「日本の心の自然風景」を定着させる技法は、まさに三輪薫氏が長年探し求めてきたものでした。写真でありながら日本画や版画のような色の奥行きを感じさせる、自然風景の新しい表現。どうかご期待ください。
(大豐和紙工業(株) 代表取締役 中北喜得)

風光へ

三輪薫ファインアート・オリジナルプリント展

会 期:2002年9月5日〜9月11日

内 容:デジタル時代となってきた今日、だからこそ“アナログのモノクロ世界”には益々惹かれ、魅せられています。この写真展は4年ごとに開催しており、今回は3回目となります。日本の自然をメインに、コンタックス645などで撮った作品を展示します。

fine artへ

三輪 薫 写真展「風 色」

銀座キヤノンサロン 2001年12月10日〜15日
名古屋キヤノンサロン 2002年1月7日〜18日
福岡キヤノンサロン 2002年2月4日〜15日
大阪梅田キヤノンサロン 2002年2月28日〜3月6日

自然には光りや陰、風、音などによって醸し出される空気感や臨場感がある。無風という風、無音という音、闇なども自然を肌で感じる大切な要素だと思っている。写真の色も同じこと。
画面に色があるから、本当の色合いを感じるとは限らない。カラー写真の色を引き算したモノトーン的なものや、モノクロ写真から受ける印象や感銘は、画面の奥底からに滲み出てくると思っている。僕の自然風景などを撮った作品のタイトルが、「風光」「風音」「風色」などと、風や音、色などの文字を多用するのはこのためである。森の樹木を撮った作品に「樹閑」「樹奏」などのタイトルを使うのは、ざわざわとした森の中よりも静かな空気感に包まれた木々の姿に惹かれるからであり、さわさわと風に揺れたり、静かに佇んでいる木々の姿を眺めていると、まるでコンサート会場でさわやかに奏でられる音楽を聞いているように感じるからだ。
この「風色」と題した個展では、風が運んでくれた自然の色を画面一杯に引き出し、会場に空気感や臨場感を漂わせたいと思った。

風色へ

三輪 薫 写真展「風光−W」

会場:京セラ・コンッタクスサロン銀座
会期:2000年9月14日〜19日

「風光−IV」を終えて

この度16回目の個展「風光−IV」は、豊かな日本の自然の海、湖、川など北海道から沖縄までの「水辺の風景」だけでまとめ、前回同様大型プリントで展示しました。風景写真を撮り始めた頃、自然を写すには空気感の描写が大切と考え、目の前の自然をより自然に写すため、撮影機材・フィルム・撮影テクニック等、思考錯誤を繰り返してきました。大型プリントによる個展は今回で3回目となりますが、水辺に立っている臨場感を味わって頂けたと思います。今回の個展で得たものを、新たなる作品創りに生かし、次回の個展で確認するつもりです。
今回の個展では、初めてレーザープリントによる作品も2点展示しました。1200×1650mmと1000×1350mmの大型プリントでしたが、銀塩ペーパーながらアナログプリントとは一味違ったトーン再現も確認できました。試す価値はあると思います。

作品展示サイズ
1200X1650mm 1点
1000X1350mm 6点
700X950mm   9点

「風光−W」の作品は、上のサムネイルをクリックしてご覧ください

戻る